ちょっと休憩。

ボーカル

ハイトーン系が多め。「アンドレ・マトス」が最近ぶくぶく太ってきている。
アンドレ・マトス
アンドレ・マトス
甘いハイトーン・ボイス しばらく見ない間に激太り
ブラジル出身のカリスマボーカリスト。ヴァイパー、アングラのボーカルとして母国をはじめ世界中に人気を博した。彼独特の甘いハイトーン・ボイスは、クセになる歌声である。またピアニストでもあり、クラシック的アプローチの曲が多い。最近ぶくぶく太り出している。
マイケル・キスク
マイケル・キスク
甘いハイトーン・ボイス ヒーロー 顔が若干デカい
元ハロウィンのボーカルとしての認知度が非常に高い。その認知度・存在感の高さゆえ、後任ボーカルを務めたアンディ・デリスは長い間マイケル・キスクの影に悩まされる。中音域は独特の深みがあり、高音域は広がるように突き抜ける声質である。顔が若干デカい。
オジー・オズボーン
オジー・オズボーン
ヘヴィメタル界の帝王 クセになる歌声
ブラック・サバスのボーカルとして有名。ヘヴィメタル界の帝王として、数々の面白エピソードを持つ男である。彼を模しているであろう漫画や芸人名も見受けられることから、その影響力の大きさが窺われる。ねちっこい歌声は中毒性があり、クセになる歌声である。
ロニー・ジェイムス・ディオ
ロニー・ジェイムス・ディオ
功績の割に知名度が低い 正統派 小さいおじさん
実力派ボーカリストとして、長年に渡ってヘヴィメタル界を牽引してきた超大御所。その割に知名度は極端に低い。ひょろひょろの体格ながらもパワーのある歌声を披露する。変なバンドやボーカルもいっぱい居るヘヴィメタル音楽界で、正統派というイメージがある。
セバスチャン・バック
セバスチャン・バック
ハスキー系 ハイテンション 一時期激太り
元「スキッド・ロウ」のボーカル。ちょっと何か打ってるんじゃないかと疑うくらいのハイテンション・ガイである。彼の高音ハスキー系ボイスは、芸人のアメリカザリガニを彷彿とさせる。ルックスが良く、その特徴的な声質も正統派ハードロック向きである。
トビアス・サメット
トビアス・サメット
巨大プロジェクト「Avantasia」のプロデューサー
ドイツで絶大な人気を誇るまでに成長したヘヴィメタルバンド「エドガイ」のフロントマン。プロジェクト「Avantasia」は、ヘヴィメタル界の有名なゲストを多数招いた、豪華なラインナップを楽しむことができる。広い交友関係とその人柄から、プロデューサーとして有望。
ヴィタス
ヴィタス
もはや超音波 キーンってなる
ラトビア共和国出身の歌手。地理的・歴史的影響もあってロシアを中心に活躍している。以前、そのとんでもない高音域をメディアでも紹介された。高音というレベルを越えて、もはや超音波といえるような音を発する。高すぎてキーンって聞こえる。
リンク画像01
リンク画像01