ちょっと休憩。

洋楽ロック・ポップス

超美形シンガーソングライターの「エイミー・マン」、エレクトロポップの「チャーチズ」、ブリティッシュロックで成功を収めた「トラヴィス」などを紹介しています。
エイミー・マン
エイミー・マン
美形シンガー・ソングライター
かなり美形の女性シンガー・ソングライター。アコースティック・ギターを弾きながら歌うスタイルで、カントリー・ロック風の楽曲が多い。モデル顔負けのビジュアルである。
チャーチズ
チャーチズ
3ピースのエレクトロポップ スコットランド美女 日本でも納得の人気
フロントマンであるローレン・メイベリーの美貌が光るエレクトロポップ。キャッチーな楽曲が多く、どちらかといえば若者向けな印象。日本にこういうバンドは少ないので新鮮です。
グレゴリー・アンド・ザ・ホーク
グレゴリー・アンド・ザ・ホーク
ウィスパー系ボイス 可愛くて素朴なカントリーロック
ニューヨークで活動する孤高の女性シンガー・ソングライター。素朴で切なくなるような楽曲が多い。
インミー
インミー
独自路線突っ走り中
独自路線を行くUKヘヴィ・ロックバンド。その少々難解なアレンジには評価が分かれそうだ。特に近年はその傾向が顕著であり、迷走していないか心配である。
メイ
メイ
ストレートで直感的な音楽
アメリカ出身のエモーショナル・ロックバンド。美しいピアノメロディとギターサウンドがバランスよく融合されており、非常に聴きやすい。音作りもしっかりしており、音圧のあるサウンドを聴くことができる。
トラヴィス
トラヴィス
透き通るように透明で繊細な世界観
スコットランド出身の4人組。彼らの表現する透明で繊細な世界観に多くのリスナーが引き込まれたことであろう。サマーソニックをはじめ、度々日本にも来日しており、日本での知名度も高い。
リンク画像01
リンク画像01