ちょっと休憩。

GRAPEVINE (グレイプバイン)

みんな作曲するスタイル
サムネ画像
バンドメンバー全員がそれぞれ作曲を担当しており、各メンバーの個性や主張が強いバンドといえる。明るめの曲は少なく、どちらかというと湿り気のある内向的な曲が多いように感じる。

基本情報

名前 GRAPEVINE (グレイプバイン)
結成 1993年
出身 大阪府
ジャンル
  • ロック・ポップス
メンバー関係者
(順不同)
  • Vo.Gt. 田中和将
  • Gt. 西川弘剛
  • Ba. 西原誠
  • Dr. 亀井亨
引用元

GRAPEVINEの特徴・エピソードなど

1993年にBa.西原誠、Gt.西川弘剛らにより結成する。その後Vo.Gt.田中和将とDr.亀井亨が加入し、4人編成のバンドとなる。

バンドメンバー全員がそれぞれ作曲を担当しており、各メンバーの個性や主張が強いバンドといえる。作詞は主にVo.Gt.田中和将が担当している。ときおりセリフのように語る口調の歌詞が多く、また知的な印象を受ける。

長らくリーダーとしてバンドを牽引していたBa.西原誠が持病の悪化により2002年に脱退することとなり、現在は残りのメンバー3人で活動している。

GRAPEVINEの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

2001年に発表された4t.アルバム「Circulator」に収録されている「Our Song」という曲。

  • 重く湿ったメロディーが印象的。退廃的で内向性ある歌詞に感じる。

2001年に発表された4t.アルバム「Circulator」に収録されている「風待ち」という曲。

  • 「夏の香りがしました」とあるように、涼しげな初夏を匂わせる歌詞と、ゆったりとした曲調が特徴。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)