Edguy

エドガイ (Edguy)

  • ドイツの至宝
  • メンバー入替の激しい業界において、非常に仲良し

主要メンバーの3人が同じ学校(当時14歳)であり、他のメンバーとも15年以上一緒に続けているという、この業界では非常に仲良しなバンド。初期の頃はスピード感のある曲が多かったが、徐々にハードロック色の強いバンドへ偏向。地元ドイツでバカ売れである。江戸男。

基本情報

名前
エドガイ (Edguy)
結成
1992年
出身
ドイツ ヘッセン州 フルダ
ジャンル
  • メロディック・スピードメタル
  • ジャーマンメタル
メンバー関係者(順不同)
  • Vo. トビアス・サメット(Tobias Sammet)
  • Gt. イェンス・ルドヴィグ(Jens Ludwig)
  • Gt. ディルク・ザウアー(Dirk Sauer)
  • Ba. トビアス・エクセル(Tobias Exxel)
  • Dr. フェリックス・ボーンケ(Felix Bohnke)
  • Dr. ドミニク・シュトルヒ(Dominik Storch)
  • Dr. フランク・リンデンタール(Frank Lindenthall)
引用元

エドガイの特徴・エピソードなど

同じ学校に通っていたVo.トビアス・サメット(Tobias Sammet)、Gt.イェンス・ルドヴィグ(Jens Ludwig)、Gt.ディルク・ザウアー(Dirk Sauer)らによって1992年に結成される。結成当時の年齢は14歳であった。トビアス・サメットはボーカルとベースを兼任していたが、1998年のBa.トビアス・エクセル(Tobias Exxel)愛称「エッギ」の加入により、ボーカルに専念することになる。また同年、Dr.フェリックス・ボーンケ(Felix Bohnke)が加わり、現在のラインナップが完成する。そしてジャーマンメタルの次世代を担うバンドとして、地元ドイツはもちろんのこと、ヨーロッパ、日本、ブラジルをはじめ世界中のリスナーに絶大な人気を誇るまでに成長しました。

初期作品は若干クサめ

初期の作品はいかにもジャーマンメタル(メロディック・スピードメタル)を意識した、若干クサイ仕上がり曲が多い(これはこれで素晴らしい)。3rdアルバムの「Vain Glory Opera」はストラトヴァリウス (Stratovarius)のティモ・トルキ(Timo Tolkki)が楽曲参加していることもあって、なかなかクサイ仕上がりである。同アルバムに収録されている「Until We Rise Again」などは、サビで異臭を放つので換気が必要である。

徐々にハードロック色が強まる

5thアルバム「Mandrake」辺りからは、独特のクサみは解消され、初心者にも安心して聴かせることができるようになる。エドガイのアルバムの中で特に評価の高いのが6thアルバム「Hellfire Club」と7thアルバム「Rocket Ride」である。この辺りから徐々にハードロック色の強いバンドへと偏向していく。

私の思い出(来日ライブ)

私が行ったことのある公演は、2004年07月09日と2004年07月10日に渋谷クラブ・クワトロで行われた「Hellfire Club」のツアー公演と、2006年03月17日に恵比寿リキッド・ルームで行われた「Rocket Ride」のツアー公演です。「Hellfire Club」の公演は2日連続で同じ公演を見るほどだったので、当時かなりエドガイにハマっていたことが分かります。実はこの時、Dr.フェリックス・ボーンケに渋谷のタワレコで遭遇しました!もちろん声を掛けさせて頂き、写メを撮ってもらい、同じドラマーとしてドラミングについて少し会話をしました。残念ながらサインをもらえるような準備をしていなかったので、サインは頂けませんでしたが、とても思い出に残るひと時でした。

フロントマンのトビアス・サメットはエドガイに並行してアヴァンタジア(Avantasia)という、ハードロック、ヘヴィメタル界の大物アーティストを多数招いた巨大プロジェクトも進めています。とても素晴らしい作品の多いプロジェクトなので、エドガイファンはもちろんのこと、ヘヴィメタルファンならこちらもオススメします。

エドガイの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

2001-2002年に行われたマンドレーク・ツアーでのライブ音源をマスタリングしてアルバム化した「Burning Down the Opera」に収録されている「Fallen Angels」という曲。

  • 個人的な話をしてしまいますが、エドガイにはじめて出会った曲であるとともに、ヘヴィメタルの世界へ引き込まれるきっかけになった曲。この出会いによって、つまらない日常がガラリと一変した記憶があります。
  • 3:42辺りのトビアス・サメット(Tobias Sammet)のシャウトが心地良すぎます。エドガイのメンバーはこの時まだ21歳かそこらだったというから、末恐ろしい。
  • ライブ音源版ですが、音質が良くかなりオススメです。(※このバージョンが好き)
  • 学生の頃は、Fallen Angelsを叩いてツーバス練習をよく行っていました。(遠い記憶)

個人的に一番評価の高いアルバム「Rocket Ride」に収録されている「Save Me」という曲。そして全く売る気の無いジャケット。なぜこのデザインにしたのだろうか。

  • トビアス・サメットはこういったバラードを作曲する能力が本当に素晴らしい。シンプル イズ ベスト

エドガイのアルバムの中で特に一般評価の高いアルバム「Hellfire Club」に収録されている「Rise of the Morning Glory」という曲。

  • ジャーマンメタルの王道といえるべき疾走感と、サビの高揚感ある明るいメロディーが特徴。
  • 3:19辺りから始まるツインリード・ギターのユニゾンも、この手の音楽が好きなリスナーを裏切らせない気持ち良さである。メロスピ好きは悶絶の逸品であろう。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)