ちょっと休憩。

デニス・チェンバース (Dennis Chambers)

破壊力ある高速ドラミング ジャズ・フュージョン系ドラマー
サムネ画像
超高速でタム回しをするくせに、全然音量が落ちない。その高速ドラミングは、あまりの速さに音のツブが聴き取れないほど。横幅はデカいが、実は160cmほどと小柄である。

基本情報

名前 デニス・チェンバース (Dennis Chambers)
生年月日 1959/05/09 (60 歳)
出身 アメリカ合衆国
バンド(ゲスト参加含む)
使用機材
引用元

デニス・チェンバースの特徴・エピソードなど

彼のプレイの特徴としては、

  • ジャズ・フュージョン系のドラミングを基盤としながら、時おり超高速の32分音符連打を差し込むプレイを好む。
  • タム移動がとにかく速い。その速さもさることながら、音量が全然落ちていない所にも注目するべきである。
  • 音の強弱(ダイナミクス)の表現力が素晴らしく、まるで波がうねるかのようなドラミングを見せてくれる。
  • 低速からトップギアに一気に加速するスピード、そして音量の落ちないパワフルなドラミング、どっしりとした体格はまさに重戦車といえる。

デニス・チェンバースの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

レコーディングスタジオでのドラムソロ。

  • 0:22辺りを見れば分かるが、タム移動が恐ろしく早い。そして音量が落ちない
  • 低速から高速へのチェンジアップがすごい。一気にギアチェンジしている。

ビリー・シーン(Billy Sheehan)らと組んでいるセッション・バンド「ナイアシン(Niacin)」でのドラムソロ。

  • 破壊力ある高速ドラミングを見ることができる。
  • ベースのビリー・シーンも変態ベーシストとして有名である。この2人がセッションするというだけで、ワクワクしてしまう。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)