ちょっと休憩。

アカシオ・カルヴァルホ (Acacio Carvalho)

ヘヴィかつタイトかつスピード感のあるドラミング
サムネ画像
ブラジル出身のドラマー。ヘヴィかつタイトかつスピードのあるドラミングを得意とするヘヴィメタル系ドラマー。その高い演奏技術に比べ、以外に知名度は低い。現在ではアメリカを拠点に、様々なアーティストと楽曲制作をしている。

基本情報

名前 アカシオ・カルヴァルホ (Acacio Carvalho)
生年月日 ---
出身 ブラジル
バンド(ゲスト参加含む)
  • ダーク・アベンジャー(Dark Avenger)
  • ヴォーガン(Vougan)
  • シングル・バレット・セオリー(Single Bullet Theory)
  • ディヴァイン・ディスオーダー(Divine Disorder)
使用機材
引用元

アカシオ・カルヴァルホの特徴・エピソードなど

彼のプレイの特徴としては、

  • ヘヴィメタル系のドラミングに関しては、何でも出来る印象を受ける。ヘヴィかつタイトかつスピード感のあるドラミングを得意としており、演奏能力の高さを窺える。
  • ヘヴィメタル系のフィルインとして良く活用される、手手足足や手手手手足足などの4連符・6連符コンビネーションも随所に見られる。
  • パラディドルを複雑に絡めた上半身のスティックワークに、全くブレない下半身の安定感が素晴らしい。
  • 同じブラジル出身のドラマーアキレス・プリースター(Aquiles Priester)と演奏スタイルが似ている。アカシオ・カルヴァルホがアキレス・プリースターをリスペクトしているのか、逆なのかは分からないが、少なからず彼のドラミングに影響を与えてるだろうと思われる。

アカシオ・カルヴァルホの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

2008年に発表されたヴォーガン(Vougan)の1st.アルバム「Mind Exceeding」に収録されている「Behind The lies」という曲。

  • このアカシオ・カルヴァルホのドラミングは、メロディック・スピードメタル系のドラマーなら絶対に参考にすべき。
  • 特筆すべきは、パラディドルを複雑に絡めた上半身のスティックワークに、全くブレずにツーバスリズムを刻み続ける下半身。パラディドル+ツーバスの複合プレイは0:49や1:49のフレーズ等で確認できる。
    このテクニックに関しては同じブラジル出身のドラマーアキレス・プリースター(Aquiles Priester)も用いている。
CD情報
--
DVD情報(ライブ・教則)
--