ドラマー

変態系No.1の「ボビー・ジャーゾンベク」や、テクニカルを最高レベルまで極めている「トーマス・ラング」まで、ドラマーを幅広く紹介しています。