ちょっと休憩。

ドラマーは室内用シューズを持とう

ペダルを長持ちさせる秘訣 私が使っているドラム用シューズを紹介
サムネ画像
自分のペダルも持って居ないという人は、ドラム専用シューズを持っていなくても結構ですが、自分のペダルを持っているのにも関わらず、外用の靴でペダルを踏んでいる人は要注意です!

ドラム演奏時に、靴を履く派・履かない派

皆さんはドラムの演奏時、靴は履いていますか?それとも裸足や靴下で演奏していますか?

ドラム演奏時に靴を履くか・履かないかについては、基本的にプレイヤーの自由ですが、皆さんも一度は「靴を履くメリット・デメリット」などを考えたことがあるかもしれません。ちなみに私の場合、3年目くらいまでは裸足で演奏していましたが、いろいろな理由を総合的に考えて靴を履くようになりました。もっとも、裸足や靴下で始めるプレイヤーの方が珍しいので、靴を履きながらドラム演奏を始めた人の方が圧倒的に多いかと思いますが。

ドラム用シューズを履くメリットには、一般に以下のようなものがあります。

  • 裸足に比べて摩擦が少ないので、スライド奏法を行いやすい。
  • 裸足に比べてパワーが出る。(上手く説明できませんが、比較してみれば分かります)
  • 裸足に比べてケガをしにくい。(リバウンドをしっかり拾ったビーターが跳ね返って、それが素足の甲に当たるとかなり痛い)
  • 裸足だと、汗でペダルプレートの劣化・酸化が起こりやすくなる。

ドラム用シューズを履くメリット、裸足でプレイするメリットなどはまだ掘り下げて書くことができますが、本題から逸れるので別の機会に紹介したいと思います。私の現状としては、靴を履く派かつ、ドラム専用の室内シューズを持ち歩く派です。

ドラム専用の室内シューズを持とう

※以下は「靴を履く派」のドラマーへのアドバイスになるので、裸足・靴下プレイヤーにはあまり馴染みの薄い内容になるかと思います。参考程度にどうぞ。

靴を履くプレイヤーの中には、「ドラム専用の室内シューズを持っている人」「ドラム専用の室内シューズを持っていない人」が居ると思います。まだドラムを始めたばかりで自分のペダルも持って居ないという人は、ドラム専用シューズを持っていなくても結構ですが、自分のペダルを持っているのにも関わらず、外用の靴でペダルを踏んでいる人は要注意です!

外用の靴のままペダルを踏むと、靴底に付着している砂利や小さな石ころがペダルプレートの可動部分に入り込み、異音発生の原因になったり、壊れやすくなる原因になるので絶対にNGです。
ペダルにゴミが入る

こーいう可動部分にゴミが入る

多分、ドラムに愛情を持って接しているプレイヤーであれば、私がわざわざ言わなくても気が付くことだとは思いますが、自分のペダルを持ってまだ日が浅いプレイヤーなどは、意外に見落としている点かもしれません。

ドラムペダルを長持ちさせる秘訣のひとつは、「ドラム専用の室内シューズを持つこと」です。

私が使っているドラム用シューズを紹介

ドラム用シューズは、「動きやすいもの」であればそこまでモデルを選ぶこともありませんが、参考までに私の靴を紹介します。

ハイカットスニーカー

履いた時の画像

ドラム用シューズ2

スタジオに持っていくときはこんな感じ(ペダル収納BOXに一緒に入れています)

メーカーにこだわりはありませんが、スニーカーを使っています。細かく言うとハイカットスニーカー(くるぶしの上まで覆う高さのある)タイプのものです。ハイカットスニーカーであれば、演奏中に脱げてしまわないか、ブカブカにならないかなどの心配をしなくてもいいので愛用してます。アキレス・プリースター (Aquiles Priester)なんかは、ハイカットスニーカー系の靴ですね。

ジャッキーチェンなど拳法家が履いてるカンフーシューズも良いなんて意見も聞いたことがありますが、「ペラッ」と脱げてしまわないかちょっと心配ですよね。

パット・トーピー (Pat Torpey)など、普通の運動靴タイプを使っているプロドラマーも居るので、ドラムシューズは動きやすいものであれば割と自由に選んでも差し障りはないと思います。アマゾンや楽天などネットショップは豊富な靴を取り揃えており、きっと自分の気に入った靴が見つかると思うのでオススメです。