ちょっと休憩。

ドラムの練習パッド、あれこれ比較(手)

スティック・コントロールの強化 種類がいくつかあります
サムネ画像
ドラムが上手くなるための近道は、ひたすら練習することである。寝て起きて突然ドラムが上手くなったら、世の中プロドラマーだらけである。

ドラムが上達するには

ドラムに関わらず、どんな楽器でも基礎練習を重ねないことには、いきなり上達ということなんてない訳である。

特に、持って生まれた影響の大きいボーカル(歌声)とは違い、楽器は基礎練習の積み重ねにより上達をしていく。つまるところ、自分の努力次第なのである。才能どうこうではなく、脳の運動野に動きを刷り込ませる作業を重ねることが大切ということになる。

あるドラム少年が、プロのドラマーにこんな質問をしました。

少年 プロになるにはどうすればいいんですか?
プロドラマー そんなの単純なことさ。毎日8時間、ドラムの練習をすればいいんだよ。

・・・・・・(笑)。 っさ、練習♪ 練習♪

簡単に私の練習パッドを紹介

現在、私は生ドラムセットと電子ドラムの両方を所有しているのですが、経済的に余裕のなかった学生の頃は、練習パッドを活用していました。気兼ねなく練習できる練習パッドは、結構重宝しました。

また、ライブ前の楽屋でウォーミングアップ用に、手軽に持ち運びできるタイプの練習パッドを持ち込むドラマーも居ますよね。

ジェルパッド

ジェルパッド

これはジェルパッドというもので、打面がスライム状の柔らかい素材で出来ています。生ドラムや普通のパッドと違い、打面の反発係数が極端に小さいため、リバウンドを利用することができません。指先や手首を鍛えたい人用の強化パッドみたいなものですね。

問題は素材が若干破れやすいことと、本来の打面とかけ離れた打面で練習して、逆に遠回りしてるんじゃないか?という疑問が残る点でしょうか。特に、リバウンドに頼る手のダブルストロークは非常にやりづらい。全身に重りをつけて天津飯と戦った孫悟空を想像してみたら分かりやすいかもしれません。

私が使用しているのは「MOONGEL WORKOUT PAD」というパッドです。アマゾンでは高価な輸入ものしかなく、購入するのであれば楽天が良いかと思います。

メッシュヘッド (メッシュパッド)

メッシュパッド

これはメッシュヘッドというもので、生ドラムに近い打面感覚と、優れた消音効果を持ちます。結構メジャーな練習用ヘッドですね。網戸の網みたいな素材ですが、表面がピンと張られているため、見た目以上に打面の反発に期待できます。

使用していないスネアなどがあれば、ヘッドをメッシュに張り替えれば練習パッドに再利用することができます。ちなみにスネアヘッドの場合、「14インチ」のヘッドになります。購入の際には、張りたいヘッドの口径(サイズ)に注意してください。

スネア メッシュパッド装着

練習パッド 打面の種類

練習パッドにはいくつか種類があります。練習に大きく関わってくるのが打面の素材です。

ジェルパッド ジェル
  • 打面感覚 ★(むしろこれが狙い)
  • 消音効果 ★★★
メッシュパッド メッシュ
  • 打面感覚 ★★★★
  • 消音効果 ★★★★★
ラバーパッド ラバー (ゴム)
  • 打面感覚 ★★★★★
  • 消音効果 ★★

ジェルパッドやメッシュパッドの打面感覚については、上で説明させていただきました。ここではラバーパッドの打面の特徴を説明させていただきます。

ラバーパッドは打面がゴム製で出来ているため、「トントントントン」と音が結構するのが特徴です。跳ね返りについては程よい跳ね返りをしてくれ良い練習になるのですが、マンションなどでは隣の部屋や下の階に、音や振動が響いてしまう心配があるかもしれません。

ジェルパッドの商品

メッシュパッドの商品

ラバーパッドの商品

ジェルパッド、メッシュパッド、ラバーパッド、それぞれに長所と短所があります。アパート暮らしなど隣への音漏れが気になるようであれば、消音効果の高いメッシュパッドを購入するのが良いと思います。持ち家などある程度音に寛容な環境であれば、打面感覚に優れるラバーパッドが一番良い練習になるかもしれませんね。

ストイックに攻めるならジェルパッドでも良いですが、自分をイジメる中級者・上級者向きのマゾパッドなので、初心者の場合はメッシュパッドやラバーパッドのほうが良いかと思います。

練習パッド 売れ筋ランキング

みんながどんな練習パッドを購入しているのか、売れ筋ランキングも参考になります。また、購入者のレビューも書かれているため、購入に役立ちます。