ちょっと休憩。

ヴァイパー (Viper)

若き日のアンドレ・マトスが在籍 グリコ
サムネ画像
ブラジルのヘヴィメタルバンド。若き日のアンドレ・マトスが在籍していたことで有名。最近また戻って来たようだ。初期のアルバム「Theatre Of Fate」は粗削りながら、アンドレ・マトスの才能の片鱗を垣間見ることができる。

基本情報

名前 ヴァイパー (Viper)
結成 1985年
出身 ブラジル サンパウロ州 サンパウロ
ジャンル
  • メロディック・スピードメタル
メンバー関係者
(順不同)
  • Vo. アンドレ・マトス(Andre Matos)
  • Gt. フェリペ・マチャド(Felipe Machado)
  • Gt. ヒューゴ・マリウッティ(Hugo Mariutti)
  • Ba. ピット・パシャレル(Pit Passarell)
  • Dr. グィルヘルム・マーティン(Guilherme Martin)
引用元

ヴァイパーの特徴・エピソードなど

後にアングラ(Angra)で一躍有名となる、若き日のアンドレ・マトス(Andre Matos)が在籍していたブラジルのバンド。私自身を含め、アンドレ・マトスやアングラ経由でこのバンドの存在を知ったというリスナーは多いことであろう。

ほとんどかじった程度なので、アンドレ・マトス在籍時のセカンドアルバム「Theatre of Fate」くらいしかまともに聴いたことがありませんが、「Theatre of Fate」では粗削りながらアンドレ・マトスの才能の片鱗を垣間見ることができます。

ヴァイパーの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

1989年に発表された2nd.アルバム「Theatre of Fate」に収録されている「Prelude To Oblivion」という曲。アンドレ・マトス(Andre Matos)在籍時の作品。

  • 粗削りで大雑把な音質がたまらなく良い!ジャケットのダサさもGood!
  • この頃からすでにクラシックとオーケストラ要素を取り入れたアプローチを試みていることが分かる。
  • ニンニク・ニクニク♪ ニンニク・ニクニク♪

1992年に発表された3rd.アルバム「Evolution」に収録されている「Coming From The Inside」という曲。アンドレ・マトス脱退後の作品で、ベースのピット・パシャレル(Pit Passarell)がボーカルを兼任している。

  • ロック色の強いポップな曲調で、ドラムが軽快なリズムを演出している。
  • 3:20から始まるコーラスが陽気で耳に残る。パッとしないがまた聴いてみたくなる、軽い中毒性のあるナンバーである。
  • 挿入画は現在のアンドレ・マトスであるが、太り過ぎてブタのようだ。マジ痩せたほうがいいぞ(笑)
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)
--