ちょっと休憩。

ソナタ・アークティカ (Sonata Arctica)

凍てつく北欧メタル フィンランドでバカ売れ 日本でもなぜかバカ売れ
サムネ画像
フィンランドに突如、彗星のごとく現れたバンド。1st.アルバム「Ecliptica」は地元フィンランドをはじめ、世界中で好セールスを記録する。もちろん日本にもその波は押し寄せ、多くのソナタファンを生むこととなる。ジャケットにはオオカミがよく出没するようだ。

基本情報

名前 ソナタ・アークティカ (Sonata Arctica)
結成 1996年
出身 フィンランド ラッピ州 ケミ
ジャンル
  • 北欧メタル
  • シンフォニックメタル
  • メロディック・スピードメタル
メンバー関係者
(順不同)
  • Vo. トニー・カッコ(Tony Kakko)
  • Gt. エリアス・ヴィルヤネン(Elias Viljanen)
  • Gt. ヤニ・リーマタイネン(Jani Liimatainen)
  • Ba. パシ・カウッピネン(Pasi Kauppinen)
  • Ba. ヤンネ・キヴィラフィティ(Janne Kivilahti)
  • Ba. マルコ・パーシコスキ(Marko Paasikoski)
  • Dr. トミー・ポルティモ(Tommi Portimo)
  • Key. ヘンリク・クリンゲンベリ(Henrik Klingenberg)
  • Key. ミッコ・ハルキン(Mikko Härkin)
引用元

ソナタ・アークティカの特徴・エピソードなど

ソナタ・アークティカ (Sonata Arctica)に関しては、そこまで詳しくは知らないのだが、1st.アルバム「Ecliptica」がかなりの好評価を受けていたと記憶している。彗星の如く現れ、たちまちフィンランドの北欧メタルシーンに新風を巻き起こしていた。

その当時、友人経由で1st.アルバム「Ecliptica」を聴いたが、疾走感と北欧メタル特有の哀愁、凍てつくような吹雪、透き通るような空気、寒空の雲、などを連想させるキーボード、ギターメロディがなかなか斬新的だった。

このソナタ旋風に、結構な数のメタル・ファン(日本人)がハマったと思われる。もう10年以上前の話だが、その当時のことが割と記憶に残っています。その捕獲効果もあって、日本公演も何度か行っています。

音楽的には1つのジャンルを確立したのではないだろうか。ただ、疾走系の曲に似たような曲が多いのが難点のような気がする。まぁ、隅から隅までソナタ・アークティカの曲を聴いてるわけではないので、あまり確信的なことは言えないのですが。

ソナタ・アークティカの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

3rd.アルバム「Winterheart's Guild」に収録されている「Abandoned, Pleased, Brainwashed, Exploited」という曲。

  • イントロ部分のウラ打ちのキーボードメロディがなかなか良い。
  • ソナタ・アークティカの疾走系の曲は、似たような曲が多くて幻滅するのだが、この曲はなかなかGOODです。
  • ドコドコうるさい割に、聴いててあまりストレス・疲労が溜まらない。

1st.アルバム「Ecliptica」に収録されている「My Land」という曲。

  • イントロが若干クサい。
  • これぞ北欧メタルというべき哀愁と、凍てつくようなキーボード、透き通るメロディがたまらない。
  • この曲は、大学生の頃に所属していたメタルバンドで叩いたことがあり、聴くと昔の懐かしい思い出が蘇ります。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)