ちょっと休憩。

サイモン・フィリップス (Simon Phillips)

ノンジャンルの万能系ドラマー
サムネ画像
ジャズ・フュージョン系のアプローチからハードロック・ヘヴィメタル系のアプローチまで、ジャンルを問わず叩くことができる万能系ドラマー。その守備範囲の広さから、数多くの著名なアーティストと共演をしている。ジャズ・ピアニストの上原ひろみとのプロジェクトも実現している。

基本情報

名前 サイモン・フィリップス (Simon Phillips)
生年月日 1957/02/06 (62 歳)
出身 イギリス ロンドン
バンド(ゲスト参加含む)
  • エイト・オー・ワン(801)
  • トト(Toto)
  • ザ・フー(The Who)
  • ジューダス・プリースト(Judas Priest)
  • ファー・コーポレーション(Far Corporation)
  • RMS
  • ゲイリー・ムーア(Gary Moore)
  • マイケル・シェンカー・グループ(Michael Schenker Group)
  • Ph.D.
  • ジェフ・ベック(Jeff Beck)
  • 上原ひろみ
使用機材
引用元

サイモン・フィリップスの特徴・エピソードなど

サイモン・フィリップスと共演しているアーティストを見れば分かるが、ジャンルを問わず幅広い音楽に対応できる。

彼のプレイの特徴としては、

  • オープンハンド奏法(左手リード)のプレイヤーとして著名であり、彼の影響でオープンハンド奏法を取り入れるようになったというドラマーは多い。ヘヴィメタル界の変態No.1プレイヤーボビー・ジャーゾンベク(Bobby Jarzombek)もサイモン・フィリップスをリスペクトしている。
  • プログレや変拍子を得意としているが、フィルインを区切り良く構成することが多いせいか、聴く分にはあまり複雑には聴こえず、ストレートで分かり易いドラミングが多い。

サイモン・フィリップスの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

33/8拍子でのアプローチ

  • サイモン・フィリップスはオープンハンド奏法(左手リード)のプレイヤーとして著名である。かなりワイドにドラムセットを組んでいる。ライドシンバルの位置が高いのが気になる。

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス

  • 世界的に有名なジャズ・ピアニストである上原ひろみとのプロジェクト。変拍子ドラマーではあるが、ストレートで分かり易い構成で区切ることの多いサイモン・フィリップス。上原ひろみとの組み合わせは、意外性があり面白い。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)