ちょっと休憩。

パット・トーピー (Pat Torpey)

マッチョ系ドラマー シンプルを意識したドラムセット
サムネ画像
ミスター・ビッグやインペリテリのドラマーとして著名。爽やかな顔立ちとは逆に、ドラミングはパワーヒッターである。高いテクニックを持ちながら、シンプルなドラムセットにこだわる玄人向けドラマー。彼の鍛え抜かれた足技はとても参考になる。

基本情報

名前 パット・トーピー (Pat Torpey)
生年月日 1953/12/13 - 2018/02/07 (64歳 没)
出身 アメリカ合衆国 オハイオ州 クリーブランド
バンド(ゲスト参加含む)
使用機材
引用元

パット・トーピーの特徴・エピソードなど

日本でも人気の高いバンド「ミスター・ビッグ(Mr.Big)」のドラマーとして著名。また、速弾き系ギタリストであるインペリテリ(Impellitteri)のドラマーとしても活躍していた。

ミスター・ビッグでは他の技巧派プレイヤー達に比べ、あまり目立つタイプではなかったが、シンプルなセットをフルに活用し、また音作りもかなりこだわっており玄人向けのドラマーといえる。私も彼の教則DVDを持っているが、手のパラディドル・パターンや、足のダブルアクション、グルーヴを意識したフレーズ作りについて、丁寧に解説してくれている。(※シングルパラディドル、ダブルパラディドル、トリプルパラディドルなどのルーディメンツほか)

近年の報告について、パーキンソン病を患っているというニュースが流れ「本当かよ!?」と半信半疑であったが、公式発表(2014年7月)らしく結構ショックを受けました。もう一度ドラムスティックを握って爽やかにプレイする姿を見たいです。

彼のプレイの特徴としては、

  • 爽やかな顔立ちとは逆に、ドラミングはパワーヒッターである。フルショットが気持ちいい。
  • テクニックの上昇に伴ってドラムセットも巨大化していくプレイヤーとは違い、あくまでシンプルなドラムセットにこだわっている。ハードロック・ヘヴィメタル・ドラマーの中で、ハイタムが1個のドラマーは希少である。
  • 「ドラムのチューニングにかなりこだわっている」と語っていることもあり、彼のチューニングしたドラムセットからは、生のドラムセットの非常に良い「音」が伝わってくる。
  • 足のスネの筋肉を鍛えており、アップダウン奏法を得意としている。また、ハイハットと左側のツインペダルを同時に踏み、ハイハットを鳴らしながツーバス・ドラミングを行うテクニックも見せてくれる。

追記

2018年2月7日、かねてから療養中であったパーキンソン病の合併症により死去(64歳)。
同じドラマーとして彼のプレイは参考にさせて頂いていました。私個人の思い出としては、学生時代にMr.Bigのコピーバンドをやらせてもらったり、彼の教則DVDを何度も見ては練習を重ねた思い出があります。

もう同じ時系列では出会えることがないと思うと、非常に寂しい気持ちになります。
来世でまた会おう R.I.P.

パット・トーピーの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

パット・トーピーの教則DVD「ビッグ・ドラムス(Big Drums)」でのソロプレイ。

  • 高いテクニックを持ちながら、シンプルなドラムセットを組むことに強いこだわりを感じる。
  • ドラムロールの粒が揃っていて、「サーーーッ」っと非常に綺麗に聞こえる。スネアのチューニングも凄く綺麗。

パット・トーピーの教則DVD「ビッグ・ドラムス(Big Drums)」での足のフットワークに関する解説。

  • パット・トーピーは、足のダブルアクションをスライド奏法とアップ・ダウン奏法の2種類を使い分けていることが分かる。
  • スライド奏法に関しては、「ベビーパウダーを使うと良い」とアドバイスしている。
  • アップ・ダウン奏法(ヒール・トゥ奏法、またはトゥ・ヒール奏法ともいう)に関しては、「足のスネの筋肉を鍛えると良い」とアドバイスしている。
CD情報
--
DVD情報(ライブ・教則)