ちょっと休憩。

鬼束ちひろ (おにつか ちひろ)

プロデューサ兼ピアニスト毛田丈史氏とのコンビが素晴らしい
サムネ画像
異色シンガーソングライター。プロデューサ兼ピアニスト毛田丈史氏のピアノに鬼束ちひろが独唱するスタイルが素晴らしい。優しくも力強い歌詞が背中を押してくれる。最近では奇抜なビジュアル・言動で注目されている。

基本情報

名前 鬼束ちひろ (おにつか ちひろ)
生年月日 1980/10/30 (39 歳)
出身 宮崎県 日南市 南郷町
ジャンル
  • ロック・ポップス
メンバー関係者
(順不同)
ソロ名義
引用元

鬼束ちひろの特徴・エピソードなど

宮崎県出身のシンガーソングライター。2000年に発表された2nd.シングル「月光」がテレビドラマ「TRICK」の主題歌になり、一躍有名になる。プロデューサ兼ピアニスト毛田丈史氏のピアノに鬼束ちひろが独唱するスタイルが素晴らしく、彼女のヒット曲の多くはこのコンビにより生み出される。

最近では奇抜なビジュアルと言動で世間を賑わしている。鬼束ちひろをあまり知らない人がそこだけを見てしまうと、タダの変な人であるので非常に勘違いされやすいのではないだろうか。ニコニコ動画の生放送で何度か見たことがあるが、個性的な性格で非常に男らしい印象を受けました。

自身が作詞に力を注いでいることもあり、歌詞が非常に素晴らしい。内側に向ける内向的な歌詞ではなく、あくまで外側に目を向けていく、優しく力強い歌詞に何度も背中を押されたことがある。個人的に少し周囲に疲れてしまったときなどに聴くと心癒されます。

自分に酔ったり、ウジウジしたり、半ば「悩んでる自分が好き」みたいなニュアンスを込めるアーティストが居る中で、全くそういう思考を歌詞に込めない所が非常に好感を持てます。繊細かつストイックなんでしょう、多分。共感できる部分が結構あります。

鬼束ちひろの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

2002年に発表された3rd.アルバム「Sugar High」に収録されている「Castle Imitation」という曲。ゲーム「ブレス オブ ファイアV」の挿入歌らしい。

  • 「生きて 生きて 生きて 」という歌詞に力強さを感じる。本当に死にたくなったときとかに癒されます。
  • 鬼塚さんは病んでいるのか分かりませんが、少なくとも自暴自棄になったり、自尊心の低いような内側を傷つけるような歌詞を込めない所、極限の状態でも「力強い生」を最終的には選択して前向きに歩もうとする姿勢に好感を持ちます。

2001年に発表された1st.アルバム「インソムニア」に収録されている「Back Door」という曲。

  • 切らした息を 元に戻すの」という歌詞がグッときてしまう。個人的に心身疲れきっていた時期に支えてくれた曲。
  • シンプルなピアノソロが非常に心癒されます。

2008年に発表されたライブDVD「NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」での映像。2003年に発表されたシングル「私とワルツを」という曲。

  • ピアノと管楽器と独唱のみという構成が非常に良いです。
  • 鬼束ちひろの深く力強いエネルギーを感じます。見た目がちょっとコワイですが(笑)。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)