ちょっと休憩。

ナイトウィッシュ (Nightwish)

ゴシックメタル、シンフォニックメタルの発展に貢献
サムネ画像
ゴシックメタル、シンフォニックメタルの発展に貢献し、ナイトウィッシュというバンドの音楽性を完全に確立する。バンドの顔であったターヤ・トゥルネンが脱退し、久しく聴いていなかったが、相変わらずのナイトウィッシュ節が聴ける。地元フィンランドはもちろん、日本での知名度も高い。

基本情報

名前 ナイトウィッシュ (Nightwish)
結成 1996年
出身 フィンランド 北カルヤラ州 キテー
ジャンル
  • ゴシックメタル
  • シンフォニックメタル
  • 北欧メタル
メンバー関係者
(順不同)
  • Vo. フロ-ル・ヤンセン(Floor Jansen)
  • Vo. ターヤ・トゥルネン(Tarja Turunen)
  • Vo. アネット・オルゾン(Anette Olzon)
  • Gt. エンプ・ヴオリネン(Emppu Vuorinen)
  • Ba. マルコ・ヒエタラ(Marco Hietala)
  • Ba. サミ・ヴェンスケ(Sami Vanska)
  • Dr. ユッカ・ネヴァライネン(Jukka Nevalainen)
  • Key. ツォーマス・ホロパイネン(Tuomas Holopainen)
  • Pipes. トロイ・ドノックリー(Troy Donockley)
引用元

ナイトウィッシュの特徴・エピソードなど

バンドのリーダーでキーボード奏者のツォーマス・ホロパイネン(Tuomas Holopainen)が作るシンフォニックな世界に、ソプラノ歌手であるターヤ・トゥルネン(Tarja Turunen)がオベラ(リート)風に歌い上げるといったスタイルであり、ゴシックメタル、シンフォニックメタルの発展に貢献する。ナイトウィッシュというバンドの音楽性を完全に確立させ、その音楽性に多くの新興バンドが影響を受けたと推測される。

地元フィンランドはもちろん、世界各国で好セールスを叩き出しており、日本での知名度も高い。アングラ(Angra)の前座として2005年に日本公演も行っており、私も名古屋公演に足を運びました。

日本公演も成功させた直後、バンドの顔であったターヤ・トゥルネンがナイトウィッシュを脱退することとなる(詳細は不明)。新ボーカルにはアネット・オルゾン(Anette Olzon)が迎えられた。個人的にこの頃からナイトウィッシュを聴かなくなったので、あまり詳しいことは書けないが、アネット・オルゾンはターヤ・トゥルネンのようなオベラ(リート)風の歌声ではなく、非常に抜けの良いポピュラーな歌声だと感じた。往年のリスナーにとってこれをどう評価するかは議論が分かれると思うが、新生ナイトウィッシュとして歓迎できるボーカルなのではないかと感じた。

アネット・オルゾンも音楽性の違いから2012年ナイトウィッシュを脱退することになる。新ボーカルにはフロ-ル・ヤンセン(Floor Jansen)が迎えられたが、なかなかビジュアルが強烈だ。どの程度のパフォーマンスを見せてくれるのか、これから注目です。ドラムのユッカ・ネヴァライネン(Jukka Nevalainen)も思いのほか頬がコケて囚人のようになってしまった。ドラマーなんだし、もっとカロリー摂取しましょう。

ナイトウィッシュの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

2004年に発表されたターヤ・トゥルネン(Tarja Turunen)在籍期の最後のアルバム「Once」のツアーDVD「End of an Era」の映像。曲は「Dark Chest of Wonders」。

  • ターヤ・トゥルネン在籍期のアルバムで個人的に一番評価の高いアルバム。アングラ(Angra)の前座として2005年に日本公演も行っており、私も名古屋公演に足を運びました。立ち見の4時間でキツかったが、大満足の内容でした。

2004年に発表されたターヤ・トゥルネン在籍期の最後のアルバム「Once」に収録されている「Planet Hell」という曲。

  • 「ベースのマルコ・ヒエタラ(Marco Hietala)がサブボーカルで歌う」という、ナイトウィッシュの新しいスタイルを初めて披露した曲。私の記憶が正しければ。
  • これボーカルはアネット・オルゾン(Anette Olzon)か? めちゃくちゃ高音の抜けがイイぞ!

バンドの顔であるターヤ・トゥルネン脱退後、新ボーカルにアネット・オルゾンを迎えて発表されたアルバム「Dark Passion Play」に収録されている「Bye Bye Beautiful」という曲。

  • 「ナイトウィッシュのボーカルはターヤ・トゥルネンしか居らんやろ」と思って久しく聴いていなかったのだが、アネット・オルゾンの歌声を聴いて軽い衝撃を受た。「ええやん!」。ほのかに香るナイトウィッシュ節も健在。
  • ターヤ・トゥルネンよりもよりメジャーで万人受けする歌声だと個人的に思う。少し籠った感じのターヤ・トゥルネンに比べ、音の抜けが抜群に良い。単に「オペラっぽくない歌い方」ってだけなのかもしれないが。
  • アネット・オルゾンもナイトウィッシュを辞めてしまったが、引き続き注目しておきたい。
  • ギターのエンプ・ヴオリネン(Emppu Vuorinen)のガニ股奏法にも注目。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)