ちょっと休憩。

マイケル・アンジェロ (Michael Angelo)

4ネック・ギターのド変態 独自奏法アンジェロ・ラッシュ 曲芸師
サムネ画像
常に「魅せる」パフォーマンスを心掛けている漢(オトコ)である。ギタリスト兼曲芸師である彼のパフォーマンスは、ギタリストのみならず多くの音楽ファンを魅了する。

基本情報

名前 マイケル・アンジェロ (Michael Angelo)
生年月日 1956/02/23 (63 歳)
出身 アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
バンド(ゲスト参加含む)
  • ニトロ(Nitro)
  • ホランド(Holland)
  • シー・フォー(C4)
使用機材 ギターモデル
  • Dean Guitars シグネイチャー・モデル
  • 2ネック・ギター
  • 4ネック・ギター
引用元

マイケル・アンジェロの特徴・エピソードなど

80s~90sにアメリカで流行した速弾き系ギタリストの一人である。彼の場合、単なる速弾きに収まらず、ビジュアル・パフォーマンスを強く意識した独自のスタイルを持っており、多くのリスナーの心を奪ってきた。

彼の使用する2ネック・ギターは、通常のネックが平行に並んでいる2ネック・ギターと異なり、V字に広がった形をしている。これは両手でまさぐるように同時に弾くためである。ギターをまさぐるその手つきは非常にエロい。

2ネック・ギターに留まらず、彼は2ネック・ギターにさらに下側に2本のネックを追加した、4ネック・ギターなるものまで開発した。X字型のもはやギターとは呼べないその異様な形状は、観るものを圧倒(爆笑)させる。

マイケル・アンジェロの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

1989年に発表されたニトロ(Nitro)の1st.アルバム「O.F.R.」に収録されている「Freight Train」という曲のビデオクリップより。

  • 4ネック・ギターに爆笑してしまう。
  • 真面目にフザける、まさにヘヴィメタルの真骨頂である。
  • よく聴いてみれば分かるが、演奏と映像は別撮りしているので、実際に弾いているときの音ではないと思われる。是非、生で聴いてみたい。

4ネック・ギターの進化系

  • チョーかっけーじゃん!
  • エンターテイメント性を強く意識した、マイケル・アンジェロのプロ精神の高さが窺われる。ただ本人が楽しんでいるだけかも知れないが。

独自奏法「アンジェロ・ラッシュ」。

  • 0:18辺りの、左手でぺちぺちやってるのがそうです。
  • 左手でフレットを押さえる際に、順手(レギュラーポジション)では中指を用い、逆手(手首回転時)では人差し指を用いて演奏する奏法。
  • 常人には普通に弾いた方が断然効率が良い気がするが、ビジュアル・パフォーマンスの意味も込めてこの特殊奏法を用いているのであろう。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)