ちょっと休憩。

ガンマ・レイ (Gamma Ray)

アーライ神 カイ・ハンセンワールド全開
サムネ画像
元ハロウィンのカイ・ハンセンが、ハロウィンを脱退後に結成。当初はギター専任であったが、途中からボーカルとギターを兼任するようになる。それにより歌が上達し、格段に聴き易くなった。正統派の鋼音質を軸に、クサさ、スピート、メロディーを兼ね備えた楽曲を提供している。

基本情報

名前 ガンマ・レイ (Gamma Ray)
結成 1990年
出身 ドイツ ハンブルク州
ジャンル
  • メロディック・スピードメタル
  • ジャーマンメタル
メンバー関係者
(順不同)
  • Vo. ラルフ・シーパース(Ralf Scheepers)
  • Vo.Gt. カイ・ハンセン(Kai Hansen)
  • Gt.Key. ヘンヨ・リヒター(Henjo Richter)
  • Ba. ディルク・シュレヒター(Dirk Schlachter)
  • Dr. マイケル・エーレ(Michael Ehre)
  • Dr. ウリ・カッシュ(Ulrich Kusch)
引用元

ガンマ・レイの特徴・エピソードなど

ジャーマンメタル・バンドとして世界的ヒットを達成し、まさにこれからという時期のハロウィン(Helloween)を脱退した、カイ・ハンセン(Kai Hansen)により結成。ハロウィンの中心人物であっただけに、彼の脱退は世界に衝撃を与えた(かもしれない)。

ハロウィンを脱退したとはいえ、結局のところガンマ・レイでもやってることは同じジャーマンメタルである。現ハロウィンのリーダーであるGt.マイケル・ヴァイカート(Michael Weikath)が美しいメロディーの楽曲を多く提供しているのに比べ、カイ・ハンセンは正統派の鋼音質なメタルを軸とした、クサさ、スピートが際立つ楽曲が多いように感じる。

結成初期の頃はボーカルをラルフ・シーパース(Ralf Scheepers)が担当し、カイ・ハンセンはギター専任であった。ラルフ・シーパースもマイケル・キスク(Michael Kiske)に引けを取らない実力派ボーカリストであり、彼の歌声の方が好きだというリスナーも多いことかと思う。少しねっとりとした声質であり、高音域の抜けとシャウトには中毒性を感じる。

ラルフ・シーパースが諸事情により脱退した後は、カイ・ハンセンがボーカルとギターを兼任する現在のスタイルに移行。初期のハロウィンでもカイ・ハンセンがボーカルとギターを兼任していたが、かなりクセの強い魔女声(高音で線が細い、しわがれ声)でリスナーを選んだが、ガンマ・レイを通じてかなりボーカリストとしての技量が上がったように思う。

ガンマ・レイの曲中で時おり発せられる「アーライ!(おそらくAll Right)」という掛け声は一部リスナーの間で話題となり、敬意の念を込めて「アーライ神」などど崇められている。

ガンマ・レイの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

1990年に発表された1st.アルバム「Heading for Tomorrow」に収録されている「Lust for Life」という曲。

  • 間奏~ギターソロがやたらと長いが、全然それを感じさせない。いや、むしろカッコ良すぎてガッツポーズをしてしまう程だ。
  • ラルフ・シーパース(Ralf Scheepers)の声も特徴的で、特に高音域・シャウトに中毒性がある。
  • Lust for Lifeにはカイ・ハンセンのボーカルで撮り直したリマスター版があるが、ラルフ・シーパース版の方が個人的には好きです。

1990年に発表された1st.アルバム「Heading for Tomorrow」に収録されている「Heaven Can Wait」という曲。シングル盤としても発表されている。

  • バカみたいに明るい曲調が特徴である。この底抜けに明るい曲調も、カイ・ハンセンの魅力の一つである。これだけ明るいと、こっちまで元気が出ますね。
  • サビの古臭い合唱とコーラスが時代を感じて、少し感慨にふけってしまう。ああ、リアルタイムで聴きたかった。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)