ちょっと休憩。

フロ・モーニエ (Flo Mounier)

デスメタル界の変態帝王
サムネ画像
日本でも人気の高いデスメタル・バンド「クリプトプシー」のドラマーとして長年バンドを牽引している。その高速かつ破壊的なドラミングは、見るものを圧倒する。普段の姿は以外にジェントルマンである。

基本情報

名前 フロ・モーニエ (Flo Mounier)
生年月日 1974/06/29 (45 歳)
出身 フランス
バンド(ゲスト参加含む)
  • クリプトプシー(Cryptopsy)
使用機材
引用元

フロ・モーニエの特徴・エピソードなど

1992年にデスメタル・バンドのクリプトプシー(Cryptopsy)に加入し、以後クリプトプシーの屋台骨としてバンドを牽引する。クリプトプシーは日本においても著名なデスメタル・バンドであり、またフロ・モーニエの超絶ドラミングをリスペクトするリスナーも多い。

彼のプレイの特徴としては、

  • デスメタル特有の直線的で凶悪なドラミングを得意とする。デスメタルといえば、ある種スポーツ競技のように例えることができ、手や足のシングルストロークのスピードを競う傾向がある。いわばドラマーというよりもスピードを競うアスリートである。フロ・モーニエはそのスピードを高いレベルで極めているトップ・アスリートといえる。
  • スピードを上げることと、音量・正確性を上げることは相反するため、スピードを上げると音量や正確性が落ちるが、フロ・モーニエはその超絶的スピードに加えて音量・正確性も高い。
  • デスメタル系ドラマーの弱点としては、どうしてもドラミングが直線的(32分音符の連打等)になってしまう傾向があることが挙げられるが、フロ・モーニエの場合ジャズ・ドラミングにも傾倒しており、その表現力の高さが窺える。

フロ・モーニエの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

スタジオ内でのドラムソロ。

  • シンバルの数が多く、前面に集中的に配置されているが特徴的。
  • 2:17と5:40付近では高速ブラストビート(手と足を同時にショットする)を披露している。
  • 余計な力が入っておらず、脱力してショットできているので参考になる。

フットワークとスティックワークの解説。

  • 5:55でのスティックワークはかなり参考になる。主に指の握力を利用して叩くストーン・キラーという奏法だが、片手でかなり速いショットを打っている。
CD情報
--
DVD情報(ライブ・教則)
--