ちょっと休憩。

ダニエル・アーランドソン (Daniel Erlandsson)

正確無比のスピード系ドラマー
サムネ画像
テクニカルで高速かつ正確なドラミングで、アーチ・エネミーの音楽を支えている。またドラムソロでは、トリガーを用いて、電子音を積極的に取り入れたドラミングを披露している。

基本情報

名前 ダニエル・アーランドソン (Daniel Erlandsson)
生年月日 1976/05/22 (43 歳)
出身 スウェーデン マルメヒュース県 マルメ
バンド(ゲスト参加含む)
使用機材
引用元

ダニエル・アーランドソンの特徴・エピソードなど

彼のプレイの特徴としては、

  • 特筆すべきはその正確さとリズムの安定感といえる。手足共にスピード感のあるドラミングにも関わらず、リズムが非常に安定している。
  • デスメタル系の高速32分音符連打やブラストビートをはじめ、ツーバス連打や手手足足や手手手手足足などの4連符・6連符コンビネーションも得意としている。
  • ドラムソロでは、トリガーを用いて、電子音を積極的に取り入れたドラミングを披露し、観客を楽しませてくれる。

ダニエル・アーランドソンの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

アーチ・エネミー(Arch Enemy)ライブ公演でのドラムソロ。

  • トリガーを用いて、オーケストラ風の電子音を積極的に取り入れている。この手法はニール・パート(Neil Peart)神保彰も活用していることで有名である。
  • 超高速かつ正確なドラミングに目を奪われてしまう。

Tam Tam Drum Fest2010でのデモプレイ。

  • ドラミング自体はそこまで複雑ではないが、ダニエル・アーランドソンの特徴は、その超高速かつ正確なドラミングにあることがよく分かる。
CD情報
--
DVD情報(ライブ・教則)
--