ちょっと休憩。

Clammbon (クラムボン)

ピアノボーカル主体の3ピースバンド
サムネ画像
ピアノ・ベース・ドラムで構成される、ジャズテイストの3ピースバンド。繊細かつエネルギッシュな楽曲が多く、クラムボンをリスペクトするアーティストも多い。是非ライブで観てみたいバンドの一つ。

基本情報

名前 Clammbon (クラムボン)
結成 1996年
出身 東京都
ジャンル
  • ロック・ポップス
メンバー関係者
(順不同)
  • Vo.Key. 原田郁子
  • Ba. ミト
  • Dr. 伊藤大助
引用元

Clammbonの特徴・エピソードなど

同じ専門学校に通う3人が集まって1996年に結成される。原田郁子のピアノボーカルを中心とした、繊細なサウンドが特徴。時おりジャズ風のアプローチも見られる。

Vo.原田郁子の歌声はかなり特徴的で、彼女にしか出せない魅力ある歌声をもっている。また、クラムボンとは別に自身のソロ活動も精力的に行っている。

Dr.伊藤大助はおそらく手クセであると思うが、ゴースト・ノートを多用した細かなスティックワークが特徴であり、クラムボン全体の楽曲の雰囲気に大きな影響を与えている。ジャズ風に感じるリズムは伊藤大助のドラミングによるところも大きいのではないだろうか。

Clammbonの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

1999年に発表された1st.シングル「はなればなれ」という曲。同年に発表された1st.アルバム「JP」にも収録されている。

  • ジャズ風のハネたリズムが特徴。
  • ピアノボーカルにベース・ドラムという3ピーススタイルは見ていて楽しい。ギターサウンドによる上塗りのゴマカシが効かない分、繊細な表現力が必要になるが、アコースティック系サウンドが好な人にはたまらないだろう。

2001年に発表された5th.シングル「サラウンド」という曲。同年に発表された3rd.アルバム「ドラマチック」にも収録されている。

  • 耳に残りやすいキャッチーなメロディと、一時期コマーシャルの挿入歌にもタイアップされていたので、聴いたことがある人も多いのではないだろうか。
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)