ちょっと休憩。

カーター・ビューフォード (Carter Beauford)

ジャズ・フュージョン系 黒人オープンハンド・ドラマー
サムネ画像
デイヴ・マシューズ・バンドのドラマーとして著名。ライドシンバルとハイハットシンバルを巧みに織り交ぜたオープンハンド・スタイルで演奏する。ときに過剰なフィルインで、やりすぎプレイを見せてくれる。彼の教則DVDでは、謎のスイミング・スーツ姿でドラムを教えている。

基本情報

名前 カーター・ビューフォード (Carter Beauford)
生年月日 1957/11/02 (62 歳)
出身 アメリカ合衆国 バージニア州 シャーロッツビル
バンド(ゲスト参加含む)
  • デイヴ・マシューズ・バンド(Dave Matthews Band)
  • ヴィクター・ウッテン(Victor Wooten)
  • サンタナ(Santana)
  • シークレッツ(Secrets)
使用機材
引用元

カーター・ビューフォードの特徴・エピソードなど

彼のプレイの特徴としては、

  • 左手でリズムキープしながら、右手でハイハットシンバルを差し込むプレイが目立つ。
  • ハイハットシンバルでリズムキープする際は、8分音符に3連符や16分音符を織り交ぜたプレイをよく行う。
  • 基本に忠実なタイプといえる。変態的なプレイは少なめで、効果的でセンスあるスレーズが随所に見られる。
  • ときどき過剰でしつこいフィルインを入れることがある。

カーター・ビューフォードの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

カーター・ビューフォードの教則DVD「Under the Table & Drumming」より。
デイヴ・マシューズ・バンド(Dave Matthews Band)の1996年に発表されたアルバム「Crash」に収録されている「#41」という曲。

  • オープンハンド・ドラマーとして、参考になるドラミングを披露している。
  • ライドシンバル(左手)でリズムキープしながら、時おりハイハットシンバル(右手)を差し込むプレイがしばしば見られる。
  • ちょっとやりすぎるプレイが玉にキズ。6:10辺りから始まるハイハット・プレイとか、若干やりすぎ感もある。曲調からもう少し抑えてもよいと思うのだが。

カーター・ビューフォードの教則DVD「Under the Table & Drumming」より。
デイヴ・マシューズ・バンド(Dave Matthews Band)の「Tripping Billies」という曲。

  • この曲でも、ライドシンバルやクラッシュシンバルを左手でリズムキープしながら、右手でハイハットシンバルを差し込むプレイが目立つ。
  • 1:59では、またしても彼のやりすぎプレイを見ることができる。
CD情報
--
DVD情報(ライブ・教則)