ちょっと休憩。

アーチ・エコー (Arch Echo)

バークリー音楽大学出身の5人組 ジャズ・フュージョン系 メタラーにもオススメ
サムネ画像
バークリー音楽大学出身の5人組からなるプログレバンド。ジャズ・フュージョン系のキーボード音色が耳に残る。音作りがしっかりしており、ギター音色はメタラー好みの仕上がりだと思います。

基本情報

名前 アーチ・エコー (Arch Echo)
結成 2016年
出身 アメリカ合衆国
ジャンル
  • プログレロック
  • ジャズ・フュージョン
メンバー関係者
(順不同)
  • Gt. アダム・ラフォウィッツ(Adam Rafowitz)
  • Gt. アダム・ベントレー(Adam Bentley)
  • Ba. ジョー・カルデローネ(Joe Calderone)
  • Dr. リッチー・マルティネス(Richie Martinez)
  • Key. ジョーイ・イゾ(Joey Izzo)
引用元

アーチ・エコーの特徴・エピソードなど

キーボード奏者のジョーイ・イゾ(Joey Izzo)、ギタリストのアダム・ラフォウィッツ(Adam Rafowitz)により2016年に結成。

最近プリニ (Plini) などのインスト(プログレロック)をよく聴いているのだが、Amazonプライムのオススメでアーチ・エコーが出てきたことがバンドを知るきっかけになりました。音楽性もプリニに近い、というかメロディックなギターが好きな人ならアンテナに引っ掛かると思います。プリニとは2018年に合同ツアーライブもしているようですね。

音楽的にはメタルほど攻撃的ではないです。プログレロックというべきか、ジャズ・フュージョンの音をもっと(ロック寄りに)しっかり作り込んだ感じというか。キーボード奏者のジョーイ・イゾ(Joey Izzo)はジャズ・フュージョン系のフレーズが目立ちますが、ギタリストのアダム・ラフォウィッツ(Adam Rafowitz)はメタラー好みのフレーズチョイスあり。(あくまで個人の印象ですが)

2019年11月には来日公演も果たしている、注目の若手バンド。

アーチ・エコーの音楽・ライブ映像 (有名な曲、おすすめ曲)

2017年に発表された1st.アルバム「Arch Echo」に収録されている「Bloom」という曲。

  • このアルバムで一番好きな曲。クリーントーンに流れるようなギターメロディが心地よいです。
  • 使用しているギターは、スウェーデンのStrandberg Boden (ストランドバーグ ボーデン)というモデル。このギターはプリニ (Plini) も使ってるけど、最近インスト系ギタリスト界隈で流行ってるんですかね?

2017年に発表された1st.アルバム「Arch Echo」に収録されている「Color Wheel」という曲。

  • キャッチーなナンバーなので、アーチ・エコーを知らないリスナーも入りやすいかと思いチョイス。PVも作り込まれてるし、入口には良い曲だと思います。
  • ちょっと明るくポップ過ぎるので、この曲はアーチ・エコーの中では珍しい部類に入ります。(もっとプログレ感があり、難解な曲が多い)
CD情報
DVD情報(ライブ・教則)