ちょっと休憩。

今から2020年・東京オリンピックを目指すぞ!

決戦までの時間は長くはないが…
サムネ画像
2020年に開催される東京オリンピックでは、いったいどんな競技がエントリーしているのか。そして今から始めてもエントリー出来そうな競技はあるのだろうか。

オリンピックに出れそうな競技、探そうぜ!

タイトルの通り、今から2020年・東京オリンピックを目指しても間に合うのだろうか。

日本で初めてオリンピックが開催されたのが、今から半世紀も昔の1964年(昭和39年)、東京オリンピックでのこと。ちなみにこの東京オリンピックは、アジア地域では初めてであり、また有色人種国家においては初めてのオリンピックであったとのこと(Wikipediaより)。戦後日本の復活を象徴するこの東京オリンピックは、その後の日本経済の追い風となり、日本は世界有数の経済大国にまで上り詰めることとなる。

所得倍増! 所得倍増! 高度経済成長!

1990年初頭のバブル崩壊まで、日本が一番輝いていた時代であったなと思います。それを支えていたのが、物も十分に無い時代を生き、豊かになることを夢見て頑張ってきた私たちの祖父母の世代。今の日本社会の中心を担っているは、私たち物に満たされた世代。

1985年のプラザ合意によるアメリカのドル安政策により、日本は長きに渡ってデフレ社会が続き、賃金は目減りする一方。さらに追い打ちをかける少子高齢社会。少子化が底打つまで、しばらくこの衰退は続きそうですが、私が生きている間にもう一度、日本経済の飛躍を肌で感じたいものです。

と、かなり横道に逸れましたが(笑)、2020年・東京オリンピックを契機に、もう一度日本経済が上向いてくれることを心から願っております。

2020年・東京オリンピック競技一覧

さて、東京オリンピックは今から目指しても間に合うのだろうか?まずはどんな競技がエントリーしているのかを調べなければならない。予定競技は以下の通り。

2020年・東京オリンピック競技一覧

ふむふむ、無理そうなのとイケそうなのに分類してみる。

無理そうな競技

体力系 技術系 球技系
陸上競技
柔道
自転車競技
ボクシング
トライアスロン
水泳
レスリング
テコンドー
体操
フェンシング
サッカー
ラグビー
卓球
ハンドボール
バレーボール
テニス
ビーチバレー
ホッケー
バドミントン
バスケットボール
ゴルフ

イケそうな競技

体力系 技術系
ウエイトリフティング 馬術
ボート
カヌー
セーリング
アーチェリー
射撃

激しいスタミナを消費する競技や、幼少からの高い技術を要求されそうな競技はさすがにキビしいだろうな。球技は特に経験の積み重ねだろうから、差は埋められないだろう。

かなり雰囲気で選別してしまったが、果たしてイケそうな競技に選んだモノは、今から初めて間に合うのだろうか。もちろん、あくまで比較的エントリーし易そうというだけで、オリンピック選手に選ばれるためには毎日必死こいて練習をしなければならないのは当たり前だが。

おそらく今後の人生で一度切りであろう母国での(夏季)オリンピック、思い切って目指してみるのもいいかも知れませんね。